プロフィール


小笠原父島のリボンレイ教室PuaLei

 

 リボンレイ創始者のキャロルミト先生公認Moanakoa認定インストラクターのHisanoです。

 ハワイでは、卒業式や結婚式など様々な場面で【祝福】【感謝】を込めてレイを贈ります。

 小笠原もまた週に1度のおがさわら丸の出港日には再来島を願ってレイを贈ったり、卒業式や結婚式、フラのイベントでもLeiを作り贈ります。小笠原は日本でもっともレイ文化と密接に繋がっていると思います。

 生花で作るレイはとてもすばらしくかけた時の匂いは何とも幸せな気持ちになり大好きです。しかし、残念なことに小笠原には花が少ない。

  リボンレイは、リボンレイ創始者のキャロル先生がハワイの花や植物を守るために生花のレイを真似てリボンで作ったのが始まりです。私も小笠原の草花に対して同じ思いです。

 リボンで作るレイや小物は、見るのも作るのも楽しく永遠に残ります。そしてリボンで作るLeiも生花Leiと同様、作る人の思いが詰まっています。

 私がリボンレイと出会ったのは母の影響でした。

2012年、当時私が子育てで毎日クタクタだった時、母が買っていたリボンレイの本を見て簡単なストラップを作ってみたらとっても気持ちがすっきりしたのです。すぐにリボンレイに夢中になり、子供たちが寝た後作成する毎日でした。

後々知ったことですが、何かに無心で集中することはストレスの低減や、リラックス効果があるそうです。まさしく無心です。

 私は決して器用ではなく、どちらかというと不器用ですが、

【好きこそ物の上手なれ】作る事が楽しいとどんどん上手になっていきます。

そして不器用だからこそ、お裁縫やクラフト作りが苦手と思っている方の気持ちがわかると思っております。

 リボンレイをたくさんの方に知っていただきたい。そして皆様の忙しい毎日の隙間にリボンレイがあると嬉しいです。



遊覧船Come・クルーズも営んでおります。

小笠原の海はお任せください。